会長あいさつ - 国際ロータリー第2790地区 | 富津シティロータリークラブ

富津シティロータリークラブ

 

会長あいさつ

ロータリーは世界をつなぐ

 

2019-20年度国際ロータリー会長Rマーク・ダニエル・マローニー氏は『ロータリーは世界をつなぐ』のテーマの下、ロータリーの奉仕を通じて、有能で思慮深く、寛大な人々が手を取り合い、行動を起こすためのつながりを築いて参りましょうと言っております。また、第2790地区2019-20年度ガバナーの諸岡靖彦氏は地区スローガンとして『ロータリーから千葉を元気に』と宣言されました。私もロータリーの礎であるつながりを大事にした運営を心掛けて行きたいと考えております。そして、元気なクラブ運営には欠かせない会員数の増強・拡大が最重要課題であり、20名体制を目指しクラブ全員で一丸となって取り組むと共に、ロータリー活動の意味をあらためて見つめなおし、「このクラブに入りたい」と思われるような楽しくてやりがいのある活動を構築していきたいと思いますので、宜しくお願い致します。

クラブ目標

  1. 20名体制を目指し全員体制で取り組む

  2. 地域とのつながりの充実(富津ふるさと祭りへの参加等)

  3. 新富工業協議会企業との交流

  4. クラブ活動のアピールを推進(HP、SNSの活用)

  5. 次代を担う青少年活動への支援(富津市民文化祭子どもまつり等)

継続事業

  1. 桜の森の維持活動

  2. 富津中央ロータリークラブとの少年野球への支援

  3. 川崎マリーンロータリークラブとの友好

  4. ベトナム児童養護施設支援

  5. 青堀駅前ロータリー清掃活動

 

pd2 o

富津シティーロータリークラブ
2019-20年度会長

高木 一彦